ヤッホー!暮らしの往復書簡vol.13お気に入りのゴミ箱のこと

magewappa-bento.com

LINEで送る
Pocket

これは、私が住む神山町の隣、佐那河内村に住むフードデザイナー・小林幸(こばやしゆき)さんとの公開往復書簡です。

日々の暮らしの中で思ったこと、気づいたことをお互いのブログでお手紙のように伝えていきます。

小林幸さんのサイト

https://yfd-studio.net/

小林幸さま

ゴミの捨て方の話、ちょうど私も考えていたのでそのことについて書きますね。

前の記事でちらりと写真を載せたこのゴミ箱。

古道具屋さんに見つけてもらいました

とってもお気に入りなのですが、この「とってもお気に入り」というポイントが私にとって非常に大事で。

なぜかというと、わたくしちょっと片付けが苦手でしかもズボラで。

どうしたらいいのかなと調べてたときに、ネットの記事で

「片付けられない人はまずゴミ箱を買ってください」

と、書いてあったんですよ。

(愛知県の片付け業者さんのブログです。YouTubeもすごい面白い)

片付けトントン(公式サイト)

https://kataduke-tonton.com/

ズボラな人間からすると、ゴミ箱なんかなくてもレジ袋とかごみ袋をそのまま置いておいて、いらないものをどんどん突っ込んでいけば合理的なのでは?

ゴミ箱って場所取るし。

と、思ったりしたのですがそれは間違いで、

ゴミ袋を部屋にむき出しで置いておくと、自分がその状態に慣れてしまうんですって。

ごみ袋がそのまま置いてあるってことは、もはやゴミが部屋の中に常態化している状況。

「ゴミを捨てないといけない」という意識も薄れがちになる・・ということを知ってかなり目が覚めまして。

これはいかんということで、さっそく古道具屋さんに相談して、ちゃんとした大きめのゴミ箱を手に入れました。

フタは、モノストックでちょうどいい大きさがあったのでゲット(神山町の古民家から古道具を一時集めて、町民に譲ってくれる会です)。

これを工房に置いたら一気にお気に入りになりまして。

古道具はやっぱり古民家に合いますね

フタがしてあるから中身も見えないし、目に入っても「お気に入り!」として意識するからマイナスの気持ちにならないし、とってもよかったです。

見たくないから隠す、というのとはちょっと違うと思ってて。

必ず発生する現象だけど(ゴミのこと)、視覚的にプラスになるように工夫する、という一手間でこんなに変わるんだなあと感動しました。

ではでは。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。