地元の杉を使った手作り曲げわっぱ、ようやく形になりました。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

ゴールじゃなくて中間地点だった

作っている最中は「完成=ゴール」だと思っていて、

「やったー!ついにできました!応援してくださったみなさん、どうもありがとう!」

ハッピーエンディングでめでたしめでたし・・と思っていたらそうではありませんでした。

完成品を手に持ってじわりと感動はあるものの、
「ここはもっとこうしよう、ああしよう」と
改良したいところばかりが目に付いて全く達成感がありません・・(汗)

製法で工夫できるところはどんどん直しつつ、
できあがったお弁当箱は自分でがんがん使ってみて、使い心地を試してみないと。

なので、中間地点どころか、やっとスタートに立てたのかな、と思っています。

愛着をもって使ってもらうためには、どういう風に販売したらいいんだろう・・

最近はぐるぐるとそればかり悩んでいます。

とりあえず完成したんだから、ただそれを売っていけばいいのでは?って思われるかもしれないのですが

ずっとブログやメルマガを読んでいただいているみなさんには伝わっているかもしれませんが
私は「ものづくりが大好き!」「とりあえず手を動かしていれば幸せ」というモチベーションで木工をしているわけではありません。

曲げわっぱを作ることや、ふだんやっている写真撮影などすべてのお仕事は、形は違えど

「これが世の中にあったら、もっとみんなが幸せになるのに!」
という想いの結晶なんです。

それがたまたま写真だったり、コラムを書くことだったり、曲げわっぱを作ることだったりするだけです。

だから「たくさん売って終わり」じゃなくて、
これがあることで普段の生活がちょっと楽しくなる。それが目指すゴールです。

「お茶道具を入れてみたら?」とアイデアをいただいたのでさっそく実践。可愛い!

少しずつモニターさんを募集します

まずはいろんな人に使っていただいて感想を聞きたいな、と思ってます。

このブログやメルマガ、LINE@で募集していきますので、
ご興味のある方はチェックしていただけると嬉しいです。

次の記事はこちら!
手作り曲げわっぱは上手くいったり失敗したり。とりあえずいちごサンドをのせてみた。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。