夏のおかず作り置き総動員でお弁当を作ってみました

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

food-prep-for-bento-11

夏野菜こそ作り置き!

夏の野菜がもりもり採れる季節になってきました。

安いし瑞々しいし、旬の野菜は毎日たっぷり食べたい。

そんなときは作り置き!しかも極力火を使わない簡単なものに限ります。

でないとキッチンに行くのも面倒になるもんね。

琺瑯の容器にたっぷり詰めて。

food-prep-for-bento-1

頂き物の野菜がたくさんあったので、せっせと作り置き。

food-prep-for-bento-2

野田琺瑯の容器にきっちり入れると、なんだかそれだけで充実感・・

詳しいレシピは別の記事で紹介しますね。

どれも「切って塩でもむだけ」とか「漬け込んでオーブンで焼くだけ」とか、単純なものばかりです。

で、できあがったお弁当はこちら。

作り置きを詰めただけの夏弁当。

food-prep-for-bento-11

・神山鶏の塩焼き

塩胡椒でシンプルに。となりの大葉ジェノベーゼを少し塗りながら食べると美味しい。

・きゅうり、紫タマネギ、とうもろこしのオイルサラダ

塩もみして水気を切った野菜に、オリーブオイル少しをかけて和えました。

・じゃがいもの大葉ジェノベーゼ和え

茹でたじゃがいもに、大葉で作ったジェノベーゼペーストを和えます。
レシピは今度紹介しますね。

・ご飯の上に紫タマネギのピクルストッピング

梅干しの赤の代わりに、ピクルスをみじん切りしてみました。
思った以上に可愛くなって満足^^

以上です!これは保冷バッグに入れて車で出かけ、出張の仕事先で食べました。

人によっては「作り置きに火を通さずにお弁当に入れるのはちょっと・・」という方もおられると思うので

そのへんの判断はご自身のしっくりくるやり方で試してみてくださいね^^

ではでは、夏の作り置きをうまく使って、夏も頑張っていきましょうー!

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。