暑くてお箸が進まない塩鮭弁当を食べやすくするアイデア。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

お弁当のおかずにぴったりなのは塩鮭。
でも、夏って食べにくくないですか?

塩っぱすぎると食が進まない

私だけかも知れないのですが、
しっかり塩辛くて身が締まってて味の濃い鮭。

傷まないようにしっかり冷やして固くなったご飯とともに、
お箸で一生懸命ほぐすのが、なんか、疲れます。
待ちに待ったご飯なのに。

細かすぎる話ですが、伝わりますか。

なので、
夏は加工されている塩鮭より
生鮭(サーモンって書いてあったりする)を買うことが多いです。

文字通り生なので、身がふっくら。

軽く塩を振って、オリーブオイルでじっくり焼いただけです。

同じ鮭の身だけど全然食感が変わって食べやすいです。

ごはんにも一工夫

白ご飯の上には、たっぷり刻んだ大葉とじゃこを乗せて。

茹でかぼちゃ。切っただけのプチトマトときゅうり、ラディッシュ。
まとめてハーブソルトを振って、なたね油をたらり。

夏のお弁当は、適度にオイルを使うと
のどをするりと通りやすく、食が進む気がします。
最近のお気に入りはこちら。

できる範囲で工夫すると、食欲のない夏のお昼も楽になる気がします。
ぜひぜひお試しくださいませ。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。