手作り大葉ジェノベーゼソースが物足りないときはこの調味料を使ってみよう

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

バジルの代わりに大葉で作るジェノベーゼ。

だけど、なんかひと味足りない・・と思ったことありませんか?

この2つのポイントをぜひ試してみてください。

1.生の菜種油を使う

2.薄口醤油を少し足す

大葉ペーストの作り方はかんたん!

さっそく作りながらご説明していきますね。

メインの材料、大葉はたっぷり用意してください。
できれば事前にタッパーに入れて冷蔵しておくと、葉っぱがシャキッとします。

→【参考】時間が経ってもパリッ!葉野菜を驚くほど長持ちさせる方法。

大葉をちぎってフードプロセッサーに入れます。
(余っていたイタリアンパセリとバジルも入れました)

ポイント1:なたね油を使う

はい、ここで1つめのポイント!

使うオイルは生のなたね油がオススメです。

クセがないので大葉の青い香りが引き立ちます。

↓いつも使っているのはこちらのエルンテゴールドです。

愛用しているフードプロセッサーはパナソニックです。
10年使ってるけど全然壊れなくておすすめ。

大葉の上から、白ごま大さじ3くらい、なたね油を3まわしくらい、塩小さじ2分の1を入れて、ガーッと回します。

容器の内側のかたまりを下に落としながら、しっかり回します。
最初はペースト状にならなくても、しつこく回しているとだんだんなめらかになってきます。
回しにくいようならオイルを足してくださいね。

説明するとすごく時間かかりそうですが、3分くらいでできます。

ここまでなめらかになったら完成です

和えるときは味をみながら

ソースができたら、さっそく調理に使います。

今回は半田素麺でジェノベーゼ風にしてみますね。

そうめんを沸騰したお湯で6分茹で、流水でしっかり洗い、氷水で締めておきます。

あとは先ほどのソースと和えるだけですが・・

ポイント2:醤油でコクを出す

ちょっと味見して、ん〜味に深みが足りないかな・・そんなときはこれ!

2つめのポイント、味を整えるために薄口醤油を少し加えます。

まずは小さじ半分くらい、ほんの少し入れて味見してみてください。ほら、全然違うでしょう〜。

しっかり混ぜたら、お好みで具を足してできあがりです。
これもついでのポイントですが、具は後乗せのほうが見た目が綺麗ですよ。

手作り大葉ジェノベーセのコツまとめ

1.オイルはなたね油

2.薄口醤油でコクを出す

今回は和風でまとめたかったので粉チーズなどは入れてませんが、お好みでアレンジしてください。

ぜひぜひ夏のおうちごはんに試してみてくださいね。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。