自分で作った曲げわっぱに初めてお弁当を詰めてみました。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

ああ〜〜、ついにこの日がやってきました。

自分で作った曲げわっぱにお弁当を詰める日。感無量です。

記念すべき第1回目。
絵になるきちっとした和食を詰めようかとも思ったのですが、
せっかくなら色移りしそうなハードなおかずを最初から入れるのがリアルだと思いませんか?

なので初回から容赦なくおかずを詰めてみます。

今回の献立は、

キーマカレー
バターで焼いた卵焼き
キャロットラペ マスタード風味
きゅうりの塩もみ

以上です!

いきなり詰めます

ご飯と卵焼きを詰めます。

油分をしっかり木に触れさせたかったので、
ご飯の下にバターで焼いた卵焼きをたっぷり置いてみました。

ちなみに詰める時は水で濡らしたりせず、乾いた状態にいきなり詰めてます。
う〜ん、初回からスパルタ。

次にキャロットラペをたっぷり詰めます。
いつもはおかずカップを使うけど、今日はテストなので直接がっつり。

キャロットラペは人参を塩でもんだあとにぎゅっと絞り、ケイパー、レモン汁、オリーブオイル、粒マスタードと和えてます。
結構しっとりしてるけど、大丈夫かな・・

空いたスペースにきゅうりの塩もみを詰めます。
これも結構水気ある。

そして最後に、ご飯の上にキーマカレーをたっぷり乗せます!
カレー粉をたくさん入れて作った特製キーマカレーです(昨日の残りだけど)。

いつもならラップやワックスペーパーできっちりガードするところですが、今日は直接詰めちゃう。
10年以上曲げわっぱを使ってますが、さすがにドキドキします。

せめてもの彩で人参の葉っぱを添えてみます。

風味づけに粗挽き胡椒をパラパラと。

はい、これで完成!
油分、色移り、水分、いろんなものを直接詰めたハードなお弁当です。
テストなんだからこれくらいやらないとね!

最後の仕上げはフタ!

フタもしっかりテストしたいので、おかずがちゃんと触れるようにしっかり上から押さえます。

あとはハンカチで包んで、お昼ご飯の時間まで待ちます。

ワクワクドキドキ。

次の記事はこちら!
【洗い物編】自分で作った曲げわっぱに初めてお弁当を詰めてみました。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。