ヤッホー!暮らしの往復書簡vol.1

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

これは、私が住む神山町の隣、佐那河内村に住むフードデザイナー・小林幸(こばやしゆき)さんとの公開往復書簡です。

日々の暮らしの中で思ったこと、気づいたことをお互いのブログでお手紙のように伝えていきます。

小林幸さんのサイト

https://yfd-studio.net/

小林幸さま

こんにちは。
今年もあっという間に12月ですね。今年もお世話になりました。

振り返ってみると、たくさんのお仕事をご一緒していて
あらためてびっくりしています。

わたくしはずっとネット上に写真をアップしてきた人間で、
紙のデザインがさっぱりできないのですが
小林さんのおかげで「手に取って眺める写真、文章」を形にしていただき
勉強になることがとても多かったです。

あらためて、どうもありがとうございました。

小林さんに作ってもらったオリジナルロゴクッキー。

そう、やはり今年は「リアルで伝えること」「バーチャルで伝えること」を深く考えた一年でした。

実際の場を、そのままネットで伝えようとするとうまくいかいなとか。

逆に、これはネットだけでもいけるのかもしれないとか。

私はもともと、田舎で活動している人間なので
「これはできる、できない」のジャッジがしやすかったのかも知れないです。

↑たくさん打ち合わせもしましたね。

あと、オンラインでの伝え方を考えれば考えるほど、
実際にいま、生きている感覚に鋭敏になったような気がします。

将来的に技術が進めば克服されるのかも知れないですが
いまのところ、オンラインでの情報はかなり削ぎ落とされたもの。

「オンライン用の製作作業」を繰り返していると、たまに
「これは本当に伝わるのかな?」と考え込むときがあって。

ただ、読む本がかなり変わったので、それにはかなり助けられ、影響されました。

今年読んだ本の一部。

昨年は写真の技術書や木工の歴史、新しい技術などの書籍が多かったですが、

今年は哲学書、ファンタジー小説、日本文学、他の国の歴史本など。

こうやって並べるとジャンルがバラバラなんですが、

実際に読んでいくと点と点が面白くつながったりします。

とある国の海洋文化の記録と、ファンタジー小説の海の民の描写がものすごく似てたりとか。

↑ファンタジー小説は「精霊の守り人」シリーズです。ものすごくおすすめです!

上橋菜穂子「守り人」文庫版完結セット(10冊セット) (新潮文庫)

バーチャルとリアルって、相対するものではなく

補完するもの、

そして、

時代によって比重は多少変わるのかもしれないですね。

初回なのに長くなってしまいました(こんな感じで良かったのでしょうか)。

ではでは、お返事楽しみにしています。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。