ヤッホー!暮らしの往復書簡vol.39言葉じゃない方が伝わること

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

これは、私が住む神山町の隣、佐那河内村に住むフードデザイナー・小林幸(こばやしゆき)さんとの公開往復書簡です。

日々の暮らしの中で思ったこと、気づいたことをお互いのブログでお手紙のように伝えていきます。

小林幸さんのサイト

https://yfd-studio.net/

小林さま

世界的に活躍するアーティストの方がラジオで話されていたのですが

「僕は英語は片言だけれど、スタジオに入って音楽をやるときは簡単な単語で十分通じる」

と仰っていて、

これがまさに「ハイコンテクスト」というものなのでは?

と、目が覚めるように感じ入り、それ以降ずっと考え続けています。

ハイコンテクストとは「前提としている知識や感覚」が暗黙のうちに共有されている状態ですよね。

(察するとか忖度とは違うと考えているのですが)

電線は五線譜みたいといつも思います

他のジャンルだと、スポーツとかでは「拳で語り合う」ということになるのでしょうか。

プレーの応酬で思考を読む、ということも十分ありそうです。

料理だと、調理法やお皿、盛り付けでシェフの想いをくみ取ったり。

ものづくりでも、デザインや道具の使い方でメッセージを与えることができますよね。

写真も表現のひとつ

誰かに伝えるには「言葉にしなきゃ!」と考えがちですが

他の表現方法でも十分に「言語」足りうるという、でもある意味当たり前のことに改めて気づきました。

※似たような分類で「ノンバーバルコミュニケーション」がありますが、あれは

伝える意図をもって使うもの(目線とか身振り手振りとか)すよね。

冒頭のアーティストの方は「音楽という表現をした結果、意図が伝わる」という、

純粋な表現を追求していくと、それが饒舌な伝達として機能する

という現象が面白いなあ・豊かだなあと、じわじわと感動しています。

今回はひときわ取り留めもない文章ですが、伝わりますか?(ハイコンテクストに丸投げしている感じがなきにしもあらず・・)

ではでは。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。