【曲げわっぱプロジェクト】杉の伐採はこんなにカッコよかった

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

cedar-logging-201512-9

杉の伐採を見学してきました。
木を切る人のカッコよさにしびれました。

大きな杉を切る。

今回伐採する杉は大径木(だいけいぼく)という大きな木。

地上から1.2mの高さの幹周が、90cm以上の樹木のことをこう呼ぶそうです。

「近藤さん、よかったら伐採するところ見にくる?」と関係者の方が声をかけてくださったので、作業に同行させていただきました。

楽しみすぎて、この日のためにマイヘルメットも買ったよ!

まずは手前から

はじめは、木を倒したい方向の幹をチェーンソーで切っていきます。

斜めに刃を入れて少しずつ木を削る感じ。

cedar-logging-201512-1-350dpi-50per

ここで豆知識。

山の木を切るときは、斜面の上に向かって木を倒すそうです。

素人考えだと下り側にバターンと倒す方が楽なのでは?と思ってしまいますが、

それだと勢いが付きすぎたり、倒す方向がコントロールしづらくて危ないんだって。

みなさんも山で木を切るときは覚えておいてね!

反対側からハンマーで叩く

だいたい切れ込みが入ったら、逆側にくさびを打ち込んでハンマーで叩きます。

木の様子を見ながら、少しずつ。

cedar-logging-201512-2

メリメリメリ

木が倒れ始めると同時に響く笛の音。

画面奥に写っている方が、警告の笛をぴーー!と吹いています。

cedar-logging-201512-3

ゆらゆらしていた木が一方向に倒れ始め、

どーーん!!という地響き。

衝撃の風がぶわっと吹き付けてきて、

最後に舞い上がった葉っぱや木のくずがバラバラと降ってくる。

何しろ初めて見たので「す、すごい・・」と私はぼーぜんとしていましたが、

木が倒れると、さっそく職人さんはテキパキと計測をはじめます。この木はたしか20mくらいだったかなあ。

(写真を撮るのに必死だったので数字をメモるのを忘れました・・)

cedar-logging-201512-5

作業はなんだか楽しそう。

どーん。倒れた木。

cedar-logging-201512-4

普通は、この切り倒した状態のまま数日置いておくそうです。

なぜかというと、葉っぱの蒸散作用で木の中の余分な水分が抜けるため。

そうすると木が軽くなって、山から下ろす作業が楽になるんだって。

cedar-logging-201512-8

しかし今回は諸々の事情で、伐採のあとすぐに枝を落とします。

手際のいいチェーンソーさばきに惚れ惚れ。木があっという間に木材となり、トラックに乗せられていきます。

cedar-logging-201512-7

年輪を数えたら100以上ありました。

木を切ってしばらくしたら、じわーっと水分がにじみ出てきてびっくり。

cedar-logging-201512-6

ひいおじさんが生きていた時代。

100年前というと、私のひいおじさんが生きていた時代。

職人さん曰く、これは植林された木だろうとのことでした。

cedar-logging-201512-10

なぜ分かるかというと、若い頃の年輪が大きく育っているから。

植林用の日当たりの良い土地に植えたから、ぐんぐんと成長したようです。

次第に周りの木が育ってくると、日が遮られて成長のスピードが遅くなる=年輪の幅が小さくなる。

年輪だけで分かる木の歴史。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。