ヤッホー!暮らしの往復書簡vol.51日々の器と偶然の形。

magewappa-bento.com

LINEで送る
Pocket

これは、私が住む神山町の隣、佐那河内村に住むフードデザイナー・小林幸(こばやしゆき)さんとの公開往復書簡です。

日々の暮らしの中で思ったこと、気づいたことをお互いのブログでお手紙のように伝えていきます。

小林幸さんのサイト

https://yfd-studio.net/

小林さま

大谷焼き、素敵ですよね!

うちにもSUEKI CERAMICSさんのお皿があります。

現代に合わせた質感と色で、いろんな料理に合うのでお気に入りです。

他にも愛用している器はいろいろありますが、

こちらは神山町の陶芸家さんのところで、陶芸教室で作ったお皿。

グラノーラを食べるのにちょうどいいです

印象的だったのは

「こんなお皿が欲しいから作りたい」と、かなり明確にイメージして作っていたのですが

先生は「手の動くままに、偶然の形を楽しむのもいいですよ」

と、仰っていたのを覚えています。

フラットなケーキ皿。

特にこのお皿(お皿というか小鉢というか微妙な形)は

一番最初に作ったものなのですが↓

ろくろのスピード感も全然分からず、

わーー!と慌てているうちに勝手にできた形です。

すごいアシンメトリーな形だし、底には指のぐるぐる跡がついてて

一度ぺしゃんこにつぶしてやり直そうと思ったのですが

先生や一緒に参加していた友人に

これはすごく良い形だからそのまま焼くべき!と言われたので

そのまま完成させました。

先生曰く、

上手になると、逆にこういう形を狙って作ることはできないんだよ

とのことで

ビギナーズラックといいますか、てらいない気持ちといいますか

偶然が作った形もありなんだなあと思った次第です。

ではでは。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。