曲げわっぱ作りを仕事にしたい人へ。講師になるためのコースが始まります。

magewappa-bento.com

LINEで送る
Pocket

本当に好きなことを仕事にできたら?

自分が得意なことで誰かに喜んでもらえたら?

もし、自分で曲げわっぱ弁当箱を作ったり、広めたりするレッスンができるとしたら?

それを実現するための特別コースです

今年の春から、ステップアップ式の講座をスタートいたします。

作るクラスで曲げわっぱ作りの基礎を学びます

まず最初は「作るクラス」です。

もうすぐ完成

このクラスでは、「ハート柄の曲げわっぱ弁当箱とお皿を作る」という内容を、2日間かけてしっかり学んでいただきます。

(ステップアップ式となっていますが、次に進むかどうかは自由ですので、「作るクラス」だけのご参加でもOKです)

「作るクラス」の日程

全2日間の連続クラスです

2019年 7月20日・土曜(11:30~17:00)
2019年 7月21日・日曜(11:30~16:00)

クービック予約システムから予約する

講師コースでは「伝える技術」を学びます

講師コースは、作るクラスを修了された方だけお進みいただけます。

2019年秋に募集予定(場合によっては早まるかも)の講師コースでは、作るクラスを自分自身で開催するためのノウハウを学びます。

自然の素材に触れながら、少しずつ曲げわっぱ弁当ができていく体験。

私自身、何回開催してもとても楽しく、また、生徒様にも喜んでいただいています。

終わった後のおやつがまた美味しい

ここでご安心いただきたいのが、曲げわっぱ作りをイチから、要するに板をのこぎりで切ったり、熱湯で曲げる作業をしたり、という危ない作業まではやらなくて大丈夫です。

材料や道具は支給しますよ

板を丸く曲げたり、底板を丸く削ったり、というところまでは私の工房が担当します。

もし講師デビューされたときは、「あとは山桜の皮で縫って仕上げるだけ」の材料キットを、講師さんに特別価格でご提供していきます。

曲げわっぱ作りの道具に関しても、普通に売っていないものが多いので、それも私が特注したり、手作りした道具を支給いたします。

ですので、将来は木工の大きな機械を買わなくちゃいけないとか、そんなことはありません。

講師コースを修了すると、神山曲げわっぱを教える人生が始まります。

ものを買うだけではなく、作る。教える。

自然の素材で暮らしの道具を作り、それがまた地球に戻っていく。

そんな循環を伝えていく、私の大事なメンバーなんです。

まずは「作るクラス」でお待ちしています

安心・安全な食はとても大事だけれど、それを入れる器も同じくらい大事。

そんなことを伝えていきたいな、

そんな心地のいい「場」を作りたいな、

そんな想いの方、ぜひ仲間になりませんか。心よりお待ちしています。

作るクラス・第1期

2019年 7月20日・土曜(11:30~17:00)
2019年 7月21日・日曜(11:30~16:00)

クービック予約システムから予約する

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。