いちごの葉っぱは食べられるそうなのでお弁当の飾りに使えることを報告いたします

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

お弁当に欠かせない色、それは緑。

お弁当を美味しそうに見せるテクニックとして
「緑のおかずや葉っぱを入れるといいですよ!」と
ことあるごとにお話ししていますが、
そうはいっても
冷蔵庫がすっからかんなときもありますよね。
私はよくあります。

昨日の残りを詰めるときにありがち

今日のお弁当はほぼ、昨日のおかずです。
炒り卵だけは今朝作りました。

蒸し野菜(キャベツと人参)、玉ねぎのピクルス、炒り卵、豚の生姜焼き。

これをお弁当に詰めたのですが・・

そのまま詰めたらこうなりますよね、という仕上がり。

なんかこう、ビシッと締まらないような
普通っぽい見た目。

もちろんありですよ。これでありなんですけど、
もうちょっとこう・・派手すぎない感じで・・
少しだけフォトジェニックに・・(ぶつぶつ)

昨日の残りを詰めたおかげで時間に余裕があるので
しばし考えます。

こんなときには庭に出よう

よく使うテクは、庭の葉っぱを添えること。
キッチンばさみを持って庭をうろうろします。

カエデは大好きなんだけど
今日の生姜焼きにはちょっと違う気がする。

定番の南天も
きちんと和風っぽくなってしまうので今回はパス。

普通の家庭料理に合うのは
バジルとかのハーブだけど
まだしっかり育ってない。どうしよう・・

と、困ったときに目があったのが
プランターのイチゴ。

すくすくと綺麗に育ってる!
形も可愛い。

とりあえず摘んでみます。

水で洗いました

摘んでから気付く。

これ食べて大丈夫なのかな?

イチゴの葉っぱは食べられるそうです

さっそくネットで調べてみます。

そしたらすぐにこんなページが!

家庭菜園のイチゴの葉は食べられますか【AJINOMOTO PARK】

内容はリンク先を読んでいただくとして、
結論としては食べられるそうです。
知らなかった・・。
(もちろん農薬とかかかってないものですよ)
ちなみにクックパッドにも
いちごの葉っぱレシピがありました。クックパッドすごい。

というわけで安心してお弁当に詰めます。
冷蔵庫にプチトマトもあったのでこれも一緒に。

蒸し野菜をちょっと寄せて、
イチゴの葉とトマトを詰めます。

どうでしょうか?
葉っぱのギザギザがアクセントになって
可愛く仕上がった気がします!
(自己満足!)
ほんとはイチゴの花も添えたら素敵になるけど
これから実になるのでぐっと我慢・・

というわけでイチゴの葉っぱがアクセントの
生姜焼き弁当が出来上がりました。

これからもうちょっと、庭の緑を充実させよう・・と
料理ではなくガーデニングに心を新たにした
今日のお弁当作りでした。

ザ・お弁当!という見た目に仕上がって嬉しい。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。