梅干し・2010 完

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket


梅干しができました。年を越すまで寝かせていたのです。奥の甕は小梅。
今年は青梅と黄熟でそれぞれ作ってみたのですが、青梅の分は失敗です。実がシワシワにしぼんでしまって固いの。
どの梅干し作りのレシピにも「黄色く熟した梅を使うこと」と書いてある理由がよく分かりました。梅酒は青梅で作るから梅干しも同様にいけるんじゃないか、ぎゅっと酸っぱい梅干しが作れるんじゃないかという発想だったのですが、だめでした。
考えるに、梅酒は梅の成分をを外に(酒に)放出するから梅本体は固くてok(梅酒の梅ってカリカリに固いですよね)、逆に梅干しは塩や天日干しで水分を抜いて凝縮させ実を味わうから柔らかく熟していなければいけない・・というところでしょうか。
だいたい私は一度失敗してみないと何ごとも理解・納得できないので、今回の失敗も有益でした。ふくふくとした柔らかい梅干しを作るには、黄熟が必須条件なんですね。
味は問題ないので、これは料理用にしようと思います。皮がしっかりしてるからじっくり煮込んでも崩れない。これはこれで便利かも。
これを教訓に今年も頑張ります!と言いたいところですが、ここ数年で梅干しや梅酒の瓶がどんどん増えてパントリーのスペースを圧迫しているので考えちう。でもきっとスーパーで梅を見かけたら香りにひかれて買ってしまうんだろうな。可愛いもんね、梅・・。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。