お弁当写真のすすめ。撮るごとにお弁当作りが楽しくなる素敵なサイクル。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

image
毎日お弁当を作るようになったら、ぜひやってみてほしいことがあります。
それはお弁当の写真を撮ること。

デジカメじゃなくていいのです。スマホで撮るだけ。
そしてWEBにアップする。お弁当用にブログを立ち上げるのは大変なので、Twitterかinstagramでいいと思います。それをしばらく続けてみてください。

そうすると不思議なことが起きてきます。
image
1.盛り付けが上手くなってきます。
理由は、写真にすることで自分のお弁当を客観的に見られるから。彩りやご飯とおかずのバランスなどは、直接見るより写真にした方が分かりやすいのです。
※ちなみにお部屋の掃除や、お出かけ前の服装も写真に撮ってチェックすると、同じ理由で効果があります。
image
2.料理のレパートリーが増えます。
写真をWEBにアップし続けていると、自分のお弁当のログがどんどんたまります。すると、段々と自分の料理の傾向が分かってくるんですね。メインはお肉が多いなあとか、いつも同じ野菜だなあとか。
じゃあ今度はお魚にしてみよう。他にはどんなレシピがあるかな?と、新しい料理に挑戦するきっかけになるんです。
image
3.一番大事なこと。
自分の作るお弁当が好きになります。

WEBにアップしていると、お弁当仲間ができて、コメントやシェアしてもらえるようになります。褒めてもらえたり情報交換したり。そうすると、電車の中とかすきま時間に自分のページをチェックするようになります。
他の人と会話することと、繰り返し自分の写真を見ることで、自分のお弁当に愛着がわいてくるんです。このサブリミナル効果はほんとにあなどれないです。
消えてしまうものをログに残す大切さ
image
人間の体は食べた物から出来ています。
でも、食事のときにそれを意識することはほとんど無いですよね。
お弁当の写真を撮っておくと、それが全部あなたの体の原材料として記録されます。
せっかくなら、美味しくて美しいもので体を作りたいですよね。
今回ご紹介したのは、それを叶える簡単な方法です。どうぞ試してみてください!

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。