蕎麦の実と栗の炊き込みご飯弁当。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

soba-kuri-gohan-3

蕎麦の実も食べられるんです

先日開いた持ち寄り蕎麦料理の会

私は「蕎麦の実と栗の炊き込みご飯」を持って行きました。

たぶん、蕎麦の実って何?と思った方もいるかも。

これ、徳島県の郷土食なんですよ。蕎麦を粉にせずに、そのまま食べるの。面白いでしょ。

蕎麦をまるごと。

soba-kuri-gohan-1

こちらが蕎麦の実。

徳島県ではポピュラーな食材で、小さな食料品店でも必ず売ってます。

定番の食べ方はなんといっても蕎麦米汁。「そばごめじる」と読みます。

鶏で取った出汁で、蕎麦の実と根菜を煮たお汁です。

給食に出たり、家でお母さんが作ってくれたりします。ぷちぷちした食感が美味しいのです。

雑穀として食べる、というアイデア

soba-kuri-gohan-2

というわけで蕎麦の実自体は頻繁に食べるものなんですが、意外に他のレシピが無いんですよね。

「もしかしたら雑穀としてお米と炊いたら美味しいんじゃ?」とひらめいたので、さっそく試してみました!

蕎麦の実と栗の炊き込みご飯

soba-kuri-gohan-4

材料:
米 2合
蕎麦の実 大さじ3
栗 小さめ10粒くらい(皮を剥いておく)

1.お米を研いで、普通に水加減する。

2.蕎麦の実を加え、よく混ぜる。

3.栗を乗せる。

4.炊飯器でいつも通り炊いたら出来上がり。

お好みでごま塩や七味を振るとさらに美味しいです。

※他のおかずは、鶏のくわ焼き、むかごと人参の塩蒸し、白菜と人参のサラダです。

蕎麦の香りがふんわり、ふっくらごはん。

soba-kuri-gohan-6

ごはんのもちもちと、栗のほっこりが合わさってとっても美味しくできました!

たくさんできたので残りは小さなおにぎりにして、おひつに入れて持って行きました。

次は魚と炊いてみたり、洋風にしてみたり、いろいろアレンジも楽しめそうです。

また思いついたら追加でレシピ乗せますね。
もしあなたのところでも蕎麦の実を見つけたら、ぜひ試してみてください。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。