持ち寄りランチ会で、蕎麦料理の可能性をゆるーく探る。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

tokushima-soba-bento-4

秋は新蕎麦の季節!

秋の味覚のひとつに、蕎麦がありますね。

蕎麦をテーマにした持ち寄りランチ会を開きました。

実は、蕎麦は徳島の郷土料理。

この会、もともとは不定期開催している「徳島の食材でお弁当を作ろうの会」が発端です。

今までの実績(というほどでもないけど)は、

曲げわっぱで素麺弁当を作ってみようの会や、徳島の食材オンリーで作る海苔弁当の会など。

次のテーマをどうしよう?となったとき

参加者のお一人、Oさんが

「私、蕎麦打てますよ」と素敵すぎることを仰るので、

ぜひに!とお願いして蕎麦ランチ会を開くことになりました。

もはやお弁当から離れているけど気にしない。

シリーズの途中で番外編が来るようなものです。

蕎麦料理が続々と。

tokushima-soba-bento-2

まずはOさんの手打ち蕎麦をご覧ください。

手切りでこの細さ・・

どこをどうしたらこんなに細く切れるんでしょうか。ほれぼれ。

しばらくうっとり鑑賞したあと、みんなの蕎麦料理をテーブルに並べてゆきます。

tokushima-soba-bento-3

こちらはそば粉のブリトー。

具はゆでた野菜と豚肉、たれはゼラチンで固めて一緒に巻き込んであります。隠し味は金山寺味噌!

そば粉でガレットはふつう考えるけど、ブリトーという発想が素敵ですね。

お弁当にもぴったり。

皮のレシピを聞き忘れたので、こんど教えてもらお。

tokushima-soba-bento-5

トマトのファルシー。

具は鶏そぼろ、蕎麦の実、チアシード。味付けはめんつゆだそうです。

蕎麦の食べ方もそうだけど、チアシードの使い方がめっちゃ参考になりました。

独特の粘りも気にならず、中の詰め物がしっかりまとまってる。

トマトの酸味も加わって美味しかったです!

soba-kuri-gohan-bento-6

こちらは私のお弁当。

蕎麦の実と栗を炊き込んだご飯です。

食べやすいように小さなおにぎりにして、おひつに詰めて持ってきました。可愛いでしょ。

tokushima-soba-bento-4

長芋と椎茸のブルーチーズ&白味噌焼き、かぼちゃの皮のローストなど、

その他の料理も加わり

本日のお料理がずらりと揃いました。

手前の右側は、蕎麦稲荷

味を含ませた油揚げに蕎麦の麺を詰めてあります。

甘辛い揚げとさっぱりした蕎麦の相性がぴったりでした。これもいいアイデア。
いくつでも食べられるー。

tokushima-soba-bento-10

セッティングができたら、とりあえず写真を撮り始める女子たち。

こんな機会はそうそうないよー

そうこうしているうちに、蕎麦も着々と茹で上がっています。

tokushima-soba-bento-11

水できゅっと締めて・・

tokushima-soba-bento-12

ざるにふんわり盛りつけて。

tokushima-soba-bento-13

見よこの透明感!

新蕎麦の風味とのどごしが素晴らしい〜。

いやーこれは何枚でもいけそう。

tokushima-soba-bento-14

こちらは新潟のお土産、へぎそば。

つるりとした食感がこれまた美味しい。

新潟も蕎麦文化があるんですねえ。今回初めて知りました。

地方の食文化もまだまだ知らない事ばっかりだ。

今回も大満足。

tokushima-soba-bento-9

ということで、今回の蕎麦ランチ会もとっても楽しい会でした。

たとえば蕎麦でも地域によって食べ方が違ったりするわけで、別の切り口でまた楽しめそうですよね。

うちの地域ではこんな風に食べるよ!という情報も教えてもらったら嬉しいな。

それにしてもテーマを決めて持ち寄りランチ会、とってもおすすめです。想像以上に盛り上がります。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。