写真を撮るときはもう一歩前へ!

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

culture-center-tokushima-2-6

ドーナツ食べたい?

お菓子をアップで撮る練習。

カルチャーセンター徳島での料理写真教室、おかげさまで楽しく回を重ねています。

前回と今回のテーマは、「お菓子をアップで撮る」。

culture-center-tokushima-2-3

ピントが合うぎりぎりの所まで寄って撮る練習をして頂きました。

離れたアングルでなんとなく撮るままだと、自分が何を伝えたいのかぼやけてしまうんですよね。

伝えたいところをはっきりさせるために、撮りたいものにとことん寄ります。

この写真はちょっと引き気味ですけど。お菓子全体をおさめるならこれくらいですね。

これより引くと小さすぎ。

culture-center-tokushima-2-4

その画面の中でさらにフォーカスしたいところに、文字通り焦点を合わせる。

ふわふわを伝えたいのなら「ふわふわ」のところに。つやつやなら「つやつや」のところに。

寄ることに慣れたら、あとは余白を見ながら徐々に遠ざかります。

そうすると伝えたいことがぶれません。

このパンは生徒さん手作り。

「クープを伝えたいんです!」ということだったので、真ん中のパンのクープが一番伝わるようにレイアウトしてみました。

culture-center-tokushima-2-1

一通りレッスンが終わった後は、お菓子をつまみながら紅茶の時間。

カセットコンロであつあつの紅茶を入れまして、質問と講評タイム。

culture-center-tokushima-2-2

ちなみにこちらは私の写真。

「ドーナツを美味しそうに撮る」を宿題としてみなさんに出したので、自分でも撮ってみました。

ドーナツ食べたい!と感じてもらうために、「自分ならどんなときに食べたいんだろう?」ということをまず考えてみました

私の場合は、夜に作業しているときになぜか無性に食べたくなります。

食べたくなりません?夜中に強烈に甘いもの。

ということで、これは気持ちが高まったところで夜に実際に撮りました。

donuts-sample-1

深夜

静かな空間で仕事しながら

熱いコーヒーと一緒に

甘ーいドーナツをパクリ。

というシチュエーション。

どうでしょうか?食べたくなりました?

ちなみに次回は大きなケーキを用意して、「ホールケーキの定番の撮り方」です。

クリスマスの予行演習にどうぞ!

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。