【神山曲げわっぱプロジェクトその11】私のひいおばあさんのお店を曲げわっぱ工房にリノベーションすることにしました

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

私(左)と、曲げわっぱ製作担当の木工作家・和ちゃん(右)です

私の住む町、徳島県の神山町は杉がたくさん生えてる町。

曲げわっぱは杉でできてるんだから
自分の町の杉でオリジナルのお弁当箱を作っちゃおう!

というノリと勢いだけのプロジェクト。
詳しいいきさつはこちらの記事からご覧ください。
(といっても上に述べた内容でほぼ終わりなのですが)

ついに始動!自分の町、神山町の杉で曲げわっぱを開発することになりました

今回は工房の状況を
お話ししたいと思います。

ひいおばあさんが使っていた木造の建物

今までの木工の作業は
神山町内や徳島市内のあちこちを間借りして
作業させていただいていました。

が、いつまでも
毎度おなじみ流浪の曲げわっぱ作りをするわけにもいきません。

やっぱり神山町内で
地元の山と川に囲まれながら作業したいのが道理。

実はこの1年くらい
「ほんとはあそこが使えるのかも」
「いや、でももう手遅れの状態なのかもしれない」
と、心の中で気がかりだった建物があったんです。

味があるとも言えるしそろそろやばいんじゃないかとも思える外観

雨乞滝(あまごいのたき)という名勝地にほど近い
「雨乞荘」という木造の建物です。

昔は観光のお客さん向けに
私のひいおばあさんが
お茶屋さんをしていたそうで、
広い台所にたくさんの食器が詰まっていたりします。

木の看板が残っていた。どんなお料理だったのかな

おばあさんが亡くなってからは
ずっと閉めてあったのですが、せっかくの建物、
できれば使えたらいいな・・

でも
「この家が使える状態かどうか」
「どこをどう直せばいいか」
って分かりますか?

私はさっぱり分かりません。

そもそもDIYとか超苦手。
中古の物件を自分たちでキレイに直して住んでいる人がいますが
どこでそういうこと習ったんだろう。
いつも尊敬の眼差しで見てしまいます。

話がそれましたが、
そんな話を思い切ってしてみたら
古民家リノベに詳しい友達や頼りになる地元のおじさまが
家を検分しにやってきてくれました。

「なるほどー、うん、全然いける!!」

私「え、ほんとに?
ほら、壁もすごいことになってるし」

「塗れば大丈夫だよ」

私「木のサッシがぼろぼろなんですけど」

「ここだけ外して大工さんに作ってもらえばいいんだよ」

私「そ、そうなんですか」

「天井は落としてみる?簡単だよ」

私「(簡単なんだ・・)」

私もあまり分かってませんが
詳しい人が口を揃えて

「このくらいだったら全然いける」

というので大丈夫みたいです。

「こりゃーもう手遅れだよ」

とサジを投げられるかもと覚悟していたので
ほっとしたのが本音です。
思い切って話してよかった。。

可愛いパフェグラスを見つけた

といってもそこは
数十年誰も使わなかった建物。

大掃除、不要品の処分、
水周りの修理、床の修理・・と
やることはいっぱい。

粛々とリノベ作業をしていきたいと思います。

レトロ食器要りませんか?

まずは要らない物を全部処分!
というわけで、
連休前半にお片づけイベントと、不用品譲渡会を開きます。
(もともとは一人でコツコツ掃除するつもりだったけど
「お手伝いしたい!」「食器欲しいです!」の声を
たくさんいただいたので
公開イベントにしました)

こんな食器がたくさんあるので
片付けを手伝っていただいた方に
無料でお譲りしたいと思っています。

たくさんある中のほんの一部です

詳しくは
こちらのフェイスブックイベントページをご覧ください。
1時間だけ、とかでも大歓迎です。
宝探し気分で遊びに来てくださいね!

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。