ワックスペーパーでサンドイッチを包もう。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

透け感が可愛いワックスペーパーで、サンドイッチを包むやり方です。

一番簡単な包み方をご紹介します。

今回使うのはこちらのワックスペーパー。

Bag Craft ワックスペーパー 未晒し Lサイズです。
BagCraft ワックスシート 未晒し NK

LOHACOで購入できます。
カテゴリーから順に探すとちょっと見つけづらいです。検索ボックスに「ワックスペーパー」と入れれば一発で出ます。

食パンサンドの包み方

今日の具はオムレツサンド。

DSC00635のコピー

パンは超熟の6枚切りです。うっすらマヨネーズを塗ってます。
卵2個、塩少々、生クリーム大さじ1を焼いたオムレツをはさみました。
DSC00629のコピー

1.ペーパーの上にサンドイッチの断面を伏せて置きます。

DSC00642のコピー

2.左右の紙を立ち上げます。

DSC00643のコピー

3.向こう側の左右の紙を内側に折り、手前に持ち上げて包みます。

DSC00646のコピー

4.反対側に回して、同様に包みます。

左右を立ち上げて内側に倒し…

DSC00647のコピー

5.手前に持ち上げて包みます。

DSC00648のコピー

転がしてサンドイッチの重みでフィットさせるようにすると、綺麗にまとまります。

DSC00649のコピー

6.マスキングテープで留めてできあがりです。

DSC00651のコピー

バゲットサンドの包み方

今回の具は、生ハム、バター、ルッコラです。シンプルおいしい。

DSC00653のコピー

1.ペーパーの上に斜めに置きます。

DSC00656のコピー

2.手前を持ち上げます。

DSC00657のコピー

3.左右の紙を持ち上げて包みます。

DSC00659のコピー

4.向こう側に転がしながら包みます。

DSC00660のコピー

5.マスキングテープで留めてできあがりです。

DSC00663のコピー

いろんな柄の紙を使ってみたり、テープの色を変えてみたり…。

ピクニックに活用してみてください。

ワックスペーパーをもっと活用したいなら。

手作りのお菓子やお裾分けを包むのに、この本はとても役立ちます。

例えば、親しい友達に上手にできた焼き菓子を渡したいとき。

気合いを入れた立派な箱や、綺麗なリボンを使うのはやりすぎな気がする。

でも、ちょっとだけおめかしして渡したい、というときありますよね。

シンプルだけど、あか抜けたラッピングがたくさん紹介されているので、気軽な贈り物にぴったりです。

もちろん包む素材を変えれば、クリスマスなどスペシャルな場合にも対応できますよ。

いろんなお菓子の包み方が載っているので、一冊持っておくと辞書的に使えて便利です。

少し前の本ですが、全体の雰囲気もとてもおしゃれ。たまに眺めるだけでも楽しくておすすめです。

お弁当箱にサンドイッチを入れたい人はこちらの記事をどうぞ!

曲げわっぱにサンドイッチを詰めるときの大事なポイント。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。