春の恒例。スミレの花の砂糖漬けを作りました

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

散歩のときに摘みました

春は概念を食べる

近所の小道のスミレが咲き始めましたので、スミレの花の砂糖漬けを作りました。

摘んできたお花。さっと洗って、水気をふいておきます。

茎からお花だけ摘み取って、卵白、グラニュー糖を準備したら材料はそろいました。

花びらを卵白をくぐらせて砂糖をまぶし、冷蔵庫で乾燥させたらできあがり。

詳しい作り方はこちらの記事をどうぞ。(2年前の記事です)

ちょうど打ち合わせに来られた方に、お茶請けにお出ししました。

見た目はこのうえなく可憐でかわゆく、味は砂糖です。

春に咲く花。その概念を食べるのです。

大好きな落語家さん、故・柳家喜多八師匠がよく噺のマクラで言っていたのは

「春は芽を、夏は葉を、秋は実を、冬は根を食べると申しまして・・」

まことにその通りだと思います。

ミルクティーもいいし、ほうじ茶にも合う
LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。