曲げわっぱ弁当持ち寄りランチ会をしました!テーマは海苔弁です。

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

tokushima-noriben_20150926-4

たかが海苔弁、されど海苔弁。

みんな大好き海苔弁当。

地元の食材をフル活用して作ってみよう!をテーマにして、

曲げわっぱ弁当持ち寄りランチ会を開きました。

(今回、わたくし致命的な間違いをしてしまいまして、それは後で説明します)

海苔弁の基本フォーマットを知る!

東京都 | メニューを見る | ほっともっと

誰が決めたか知りませんが、一般的に「海苔弁」と聞いてイメージするのはこんな感じですよね。

・醤油を染み込ませたごはん

・ごはんの上には大きな海苔が敷いてある

・海苔の上に、たくあん、きんぴら、チクワの天ぷら、白身のフライ、バラン、オプションでタルタルソース、小さな唐揚げ

一応こういう構成を意識しつつ、あとはおまかせで自由に作ってきてもらいました。

あ、「徳島産の素材を使う」というのもテーマね。

それではみんなでいただきます!

おかずたっぷり県産海苔弁。

tokushima-noriben_20150926-1

まずはOさんの海苔弁!

いつも3人のお子さんにお弁当を作られている優しいママのOさん。

前日のメールでは「ありあわせで作っていきます〜」と仰っていたので油断していたら、おかずの種類がこんなに多くてびっくり!

定番のちくわの天ぷらに加えて、徳島ではメジャーなおかず、フィッシュカツも入っててにぎやかです。

フィッシュカツは○産蒲鉾(まるさんかまぼこ)さんのだそう。

「あ、そこの美味しいよね!」とみんなが絶賛していたのでこんど買ってみようっと。

他には鳴門金時の天ぷらや、レンコンのきんぴらなど。秋らしいですね〜。

「ありあわせ」といいながらここまで作れるのはやはり毎日の積み重ねなんでしょうね。見習わないと。

「デザートも作ってきたんです〜」とのことで、わくわく。

思い出の海苔弁。

tokushima-noriben_20150926-5

こちらはもともとブログ読者さまで、いまや曲げわっぱ友達のNさんの海苔弁!

むかし、Nさんのお父様が大好きだったという思い出の海苔弁だそうです。

もともとのお弁当はごはんの間におかかが入っていたそうですが、今回は鶏そぼろとキュウリをご飯の間にサンド。

海苔の下には「徳島らしさ」として、れんこんスライスのマヨ醤油焼き。(れんこんは徳島の特産なんですよ)

目玉焼きには吉野川のすじ青海苔!

食べ進むほどに「美味しい」がひょっこり出て来る、素敵なお弁当でした。

ちなみに、この辺からみんなの「思い出のお弁当トーク」が弾んだのが面白かった。誰にとっても印象に残っているお弁当があるんですね。

Nさんのお友達は、「白ご飯とブロッコリー」だけのお弁当だったそうです。寝坊してテンパったお母さんの様子が想像できる。

タルタルまで手作りの海苔弁!

tokushima-noriben_20150926-3

こちらのオーソドックスな海苔弁はMさん作!

小松島名産のちくわの磯辺揚げ。

青海苔は徳島が誇る清流・吉野川産。

徳島産のかますのフライ、キンピラは鳴門産のレンコン。

ちらっと見えてますけど、ご飯には県産のもちきびが入ってるもちきびご飯という隙のなさ。

めっちゃ仕事できてイクメンなのに女子度も高いこの両立っぷりはどういうこと?

奥の瓶は手作りタルタルソース。マヨネーズに刻んだラッキョウと黒七味。おすそわけでたくさん頂いちゃいました。

いやでも、見た目は普通の海苔弁に見えても「これ全部地元の食材なんです」ってすごいことだよね。

みなさんのところでも、きっと特製海苔弁が作れるはずですよ。ぜひ試してみてくださいね。

画竜点睛を欠く海苔弁。。

はい、こちらは不肖私の海苔弁です。

tokushima-noriben_20150926-12

栗ごはん

コロダイのフライ

炒めたキャベツをマヨネーズとヨーグルトで和えて吉野川産の青のりを混ぜたコールスロー風。

きんぴらは、ごぼうと人参、そして地元のひじきも入れた塩きんぴらです。レシピは今度改めて紹介しますね。

冒頭で言った「致命的な失敗」というのは、海苔弁なのに海苔を入れ忘れたこと!オーマイガー!

炊飯器の蓋を開けて栗ごはんの炊きあがりを見たら「わー!炊けたー!」とテンションが上がるじゃないですか。

その勢いで海苔の存在を忘れました。海苔ごめん。

tokushima-noriben_20150926-9

仕方がないので海苔を袋のまま持ってきて、栗ごはんを巻きながら食べました。

あ、これ意外と美味しい・・。

後乗せパリパリ海苔弁、良かったらお試しください。

予告!次は蕎麦がテーマだよ

tokushima-noriben_20150926-10

デザートはOさんが作ってきてくださった「韃靼蕎麦のプリン」。

ほんのり香る蕎麦の風味。クリーミーでとっても美味しかったです。は〜、みんなでお弁当と美味しいデザートを食べてめっちゃ満足〜。

さて、のんびりデザートを楽しみながら次回の相談。

「次の曲げわっぱ会、テーマどうします?」

「徳島の名産で何かないかな。」

「蕎麦も徳島の名産ですよね。蕎麦米汁とか。」

「そういえばそろそろ新蕎麦の季節ですよね〜。」

「そのままご飯に炊き込んだり、そば粉でガレットとかも作れるよね。」

「あ、良さそうー。」

Oさん「わたし、蕎麦打ってきましょうか?」

Oさん以外「!!!」

「食べたい!!!」

ということで、次の持ち寄り曲げわっぱ弁当会のテーマは

蕎麦で曲げわっぱ弁当(特製手打ち蕎麦付き!)

開催日が決まったらお知らせしますので、蕎麦好きのそこの貴方!はじめましての方でも大歓迎です。ご連絡お待ちしております。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。