【お弁当の詰めかた・その4】ユキノシタとシュンランの山菜天ぷら弁当はご飯の上にびろーんと乗せるのがコツ

曲げわっぱな日々

LINEで送る
Pocket

春は揚げもの。

(↑言いたかっただけです)

なんとなーく気分が上がらない月曜日も、
「今日はがんばろう!」と
元気いっぱいの月曜日も。

旬の天ぷらが入ったお弁当があれば
いっそう頑張れる気がします。

せっかく過ごすお弁当タイムは
自分自身を元気づけるきっかけにしたいですよね。

・・それっぽく言いましたが
ただ私が揚げ物好きなだけです。

天ぷら、フライ、カツ!

おかずががっつり入ってると
やっぱり嬉しい。

4月、新たな気持ちでスタートするために
元気いっぱいのお弁当はいかがでしょう。

・・やっぱりそれっぽく言ってますが
お弁当には自分が好きなおかずを入れるのが
一番ですよね。

食べたいものを食べましょう。単純にいきましょう。
人生は短い。やりたいことをやろう。

今日の献立

言いたいことが壮大になりつつありますが
今回のおかずの紹介です。

山菜の天ぷら
(ユキノシタとシュンラン)

焼き大根と文旦のマリネサラダ

菜の花とベーコンの炒めもの

こちらの3品でお届けいたします。

曲げわっぱにご飯を詰めます

曲げわっぱにご飯をよそってしっかり冷まします。

ちなみに使っているおかずカップは
セリアのです。曲げわっぱになじむ色でお気に入りです。

まずは菜の花とベーコンの炒めものを入れていきます。
底には穂先ではなく、固い軸の方を詰めると安定します。

底が安定したら、上にふんわり乗せていきます。

次は文旦と大根のマリネ。
こちらも同じように、底にしっかり固いものを敷き詰めるようにして。

上にどんどん盛っていきます。
話変わりますけど文旦って実がしっかりしてるので
お弁当向きですね。
菜箸でつんつんしても果汁が出ないですからね。
熟れてるオレンジとかだとじわっとにじむことがありますので。

おつぎはシュンランの天ぷら。
ご飯の上にびろーんと置きます。
小判形のお弁当箱だと
長さのあるおかずも気にせず乗せられるので便利です。

ユキノシタの天ぷらも
ご飯の上にどんと乗せます。

ということなので、ご飯は少し低めに盛っておくと
あとでおかずを配置しやすいです。

あとは微調整

全体におかずが配置できたら、今度は仕上げ。

見た目が綺麗なおかずはとっておいて
この時点で乗せていきます。

菜の花の穂先の部分を乗せたり。

色の綺麗な大根を乗せたり。

うーん、なんか足りない気がする。

私の場合、この時点で考え込むことが多いです。
ブログ用の写真を撮るときもそうだし、
仕事で料理写真を撮る時もそうです。

だいたい全体を完成させて
一度撮影してから「これに足りないものはなんだ?」と
頭の中でアイデアを検索します。
といっても10秒くらいですが。

10秒考えた結果、文旦の皮を足すことにしました。

ピーラーでシャッシャッと削って
上にパラパラ散らします。

普段からいろんなアイデアを頭の中にストックしておいて
10秒の直感で選ぶ感じです。

詰め終わりました。こんな感じです。

揚げ物は偉大

よく考えたらお肉類はベーコンしか入ってないんですけど
揚げ物のボリュームでしっかり満足できるお弁当になりました。

ここぞというとき、テンション上げたいときの天ぷら弁当。
あなたもぜひ作ってみてね。

LINE@はじめました。
ブログの最新情報が受け取れます!
友だち追加
IDは@rai0672aです。